Change Maker in Vietnam Part 3

ベトナムから帰国して4日目。

随分と日本の生活に馴染んでしまった。

ベトナムでの生活と比較すると少し物足りなく感じることもある。

それだけ,充実した日々を送っていたのだろうと思う。

そんな中,日本では地震の影響で今もなお多くの行方不明者の方がおり,

多くの方々が避難所生活を余儀なくされている。

僕たちは,本当に「運よく」地震を免れた訳である。

しかし,ベトナムにいながら複雑な気持ちは拭えなかった。

日本人学生は,「ここに本当にいていいのだろうか」と一様に悩んでいた。

それでも今,自分たちができることに集中したことで”貴重な体験”と,

かけがえのない”友達”をつくることができたのである。

ここで,僕は決意を示したい。

「今度は,僕が頑張る番だ」

というのも,日本に帰国後から面接の日程も延期,電車は通常運行せず,楽しみにしていた

大学イベントの中止。何もかもうまくいかず,少し落ち込んでいた。

しかし,もう僕に落ち込んでいる暇は無い

日常の生活を取り戻すために。

被災者の方,避難所生活をしている方に協力できることは

微々たるものであると,僕は思っている。

それでも,「募金」,「買い占めをしない」,「物資の支援」などは

地元の自治体を通じて協力することは出来る。

気持ちを切り替えるために今回ブログを綴った。

日本のために祈る世界の人たちのために

自分は何ができるのか。

とりあえず前に進んでみる。

3月21日

自宅より

<最後に>

チェンジメーカー留学INベトナム参加者がブログで今回の旅を
振り返っているので,ここで紹介したいと思う。

ベトナム-フエで仕事をつくる!

ベトナム・ダナンではたらく若造のブログ

素晴らしい世界

たけぞうの,のっぴきならない事情

僕が書いた内容とは,また”違った”視点でこの旅を振り返っている
ので僕自身とても新鮮で,勉強になることが多い。

他の参加者のブログは今後Up予定なのでとても楽しみである^^

このブログの人気の投稿

[仕事]3M(ムリ、ムラ、ムダ)を無くす仕組みづくり

[仕事]5W1Hをマーケティングや販促に応用する考え方

[ビジネス/日本]地ビールとクラフトビールの違いについて