投稿

1月, 2012の投稿を表示しています

「TOEICに意味がある/なし」論争に終止符を打つ

昨日,都内のある大学で約1年ぶりにTOEICを受験しました。今回はスコアが急に必要になったという訳ではなく,3ヶ月間のフィリピン留学と1か月前から始めたオンライン英会話の成果を試す(実証)という理由で受験しました。久しぶりに受験した手応えとしては,1年前に比べれば多少手応えがありました。1カ月後のスコア発表を非常に楽しみにしています。

さて,今回はツイッターやブログで頻繁に話題になる「TOEICに意味がある/なし論争」を改めて考えてみようと思います。下記のように「日本企業が求めるTOEICの点数があまりにも低いので役に立たない」という意見もありますが,今回はこの議論を置いといて「TOEICのスコアが意味すること」や「TOEICの肯定的/否定的な点」などを考えまとめました。

TOEIC(Test of Engish for International Communication)

国際コミュニケーション英語能力テスト(ウィキペディア)
http://p.tl/6rEB

TOEICはどれくらい英語ができないかを測る試験
http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/archives/2193986.html

日本企業が求めるTOEICスコア一覧表(2011年1月版)
http://blog.livedoor.jp/lunarmodule7/archives/2193943.html

先ずはTOEICに関する基本的なデータを見てみましょう。意外に知らない点などがあると思います
ので,簡単に整理してみましょう。具体的なデータを把握したうえで建設的な議論を展開しましょう。

TOEIC|公式データ一覧
http://www.toeic.or.jp/toeic/data/data.html

「TOEIC受験者数の推移」を確認すると,近年は受験者数が伸び悩んでいるものの,2010年の公開テストの受験者数は約80万人,団体特別受験制度の受験者数は約100万人というデータが出ています。また,「公式テスト 平均スコア・スコア分布一覧」を確認すると,2011年に行われた全7回の試験での1回当たりの受験者数平均は約11万人,また平均スコアは約576点でした。受験者数の多さに驚くと共に,平均スコアが意外に高いことに驚きました。正直,実際のスコアはもう少し低いと思っていました。

次に…

落合前監督が考える「プロ」とは-これからの時代を生き抜くために-

イメージ
先ほど,ユーチューブで見つけた「落合前監督のオレ流組織強化術!」という動画の残り2分が秀逸の内容でしたので,書き起こすことにしました。特に落合前監督が考える「プロ」の定義が簡潔で心に大変響くものでした。また「人生」に通じる考え方にも非常に共感しました。

アナウンサー「プロとしてあるべき姿とは?」

落合氏「俺の中で考えるプロ?要するにこれ(仕事)で飯を食っている人間だよ。それは給料の高い低い関係なしに。今やっている仕事でお金を貰っている。俺に言わせればサラリーマンもプロだで。まぁ,彼ら(中日の選手)の生きる道は“人のできないということ”よりも“誰でもできること”を100%こなしていける,それが自分の中に何個あるかじゃないかなと思う。50%しかできないものを5~10個持作るくらいなら,100%これだけはというものを2つ3つ持っている方が長生きできると思う。なぜ“できない”のじゃなくて,なぜそれを“できる”ようにしないのか。できないのであれば,なぜそれを君たちが教育してやらないのか。(もし彼らが)やりたくないのならもう放っとけよ。代わりはいくらでもいるよって。色んなもの吸収しながら,自分たちで消化していって自分で生きる道筋を付けてそこに協力者がいて人生を全うすればいいんじゃないの。」



勝負に勝つことに対して,一切の妥協をしない落合前監督の考え方は一見すると
冷徹に思えますが,彼の考えはこれからの時代を生き抜く上での「原理/原則」
なるのではないでしょうか。私も彼の考えを心に刻みながら前に進みます。

【成人の日】に関する社説/記事の紹介

今日,1月9日は「成人の日」です。新成人の方々に心よりお祝いを申し上げます。

しかし,「ゆとり世代」と称された数年前の世代から世間一般の「成人(若者)」に対する見方は一層厳しくなっています。そこで世間の「成人(若者)」に対するイメージを把握する最良の方法は「新聞の社説/記事」(読売/朝日/産経/毎日)を比較して読んでみることだと私は思います。なぜなら各紙が成人の日に「新成人へのエール」として社説を掲載するからです。

◆読売新聞 「成人の日 苦難の時こそ好機と考えよう


学生ならば,しっかりと将来を見据えて勉学に励み,社会人ならば,よりやりがい
と責任のある仕事を志向しないと,自分を生かせる職場は得られない状況だ。 (□=学)

企業の規模や知名度ではなく,「社会や人から感謝される」ことを基準にすれば,
素晴らしい職業に出会う機会は必ずある。多少の回り道をしても,多くの経験を
積み,可能性に挑戦するべきだ。


企業にも,新卒・既卒の区別なく年間を通じて採用するなど,柔軟な姿勢が必要だ。
新成人を仲間に迎える以上,若者の意欲をきちんと見い出す責任があるだろう。

読売新聞は「東日本大震災」をきっかけに「社会や人から感謝される仕事」や「働く幸せ」について考える機会が増えていると指摘しています。従来の「お金」を基準にした労働価値観は崩れつつある中で「働く意義」を問い直すという主張には賛成です。一方で,若者に積極的な挑戦を促し多様な経験を積ませるための「具体的な方策」を指摘していないのは残念です。少なくとも,日本社会は「遠回り/回り道」(浪人/休学/留学/ギャップイヤー)つまり「キャリアに穴が空くこと」に対して不寛容な側面があり,むしろ積極的な挑戦を阻害している部分があります。これを打開するためにも社会全体が若者の挑戦に伴う「遠回り/回り道」に対して寛容になる必要があります。

◆朝日新聞 「成人の日に 尾崎豊を知っているか


尾崎豊はどこへ行ったのか。あの時の同じ26歳,気鋭の社会学者,古橋憲寿さんには「オヤジよ,放っておいて」と言われたそうだ。近著「絶望の国幸福な若者たち」では,20代の7割が現在の生活に満足している,との調査結果を紹介している。過去40年で最高だ。


将来の希望が見えないか,未来を探すより,親しい仲間と「いま,ここ」の身近な幸せをかみしめる。そんな世界観が広まっていると言う。なるほどね…

2012年新年の挨拶

イメージ
新年あけましておめでとうございます。昨年は「変化」の年で慌ただしい一年でした。今年は「形」にこだわる「勝負の年」にしようと決意しています。これまで未熟ながらも得た経験を「形」(=結果)にして,人生の新たな一歩を踏み出したいと考えています。今年もよろしくお願いします。

今回は今年の「スローガン」と「目標/ミッション」をシンプルに書きます。

◆2012年のスローガン

①「経験は自分への最高の投資である」


「理論」だけではなく「経験」を通じて現実の物事を正しく理解したいです。自らの有限な「時間」や「お金」をなるべく「経験」(=今まで食べたことの無い料理/今まで行ったことの無い場所/今まで読んだことの無い本/今まで出会ってない人に出会うために)に投資します。必ず最高/最大のリターンを得ます。

②「ひとりじゃできないことを,みんなでやる」


昨年,大変お世話になり尊敬している方の1人である加藤健さんが普段から仰っている「ひとりじゃできないことを,みんなでやる」です。人はこの世のあらゆることを一人で出来る訳ではありません。時間/能力/お金/知識などのリソースには必ず限度があります。この状況下で,皆で協力してやれば時間/能力/お金/知識などのリソースを増やすことができます。そうすれば,1人だけでは得られない「経験」を皆で共有することが出来ます。今年はこの言葉を肝に銘じます。

◆2012年の目標/ミッション(随時更新)

①「世界」をさらに体感する 
⇒ インド/中国/南米 (9月~3月 ギャップイヤー/カウチサーフィン)で1人旅をします。

②「理論(=インプット)」と「経験(=アウトプット)」のバランスを意識する
⇒ 読書(=インプット)とインターン/ブログ/イベントなど(=アウトプット)をします。

③「国内/海外就職活動」を必ず成功させる
⇒ 既存のレールから(意図的に)外れましたが,絶対に「リベンジ」を果たします。

④「食わず嫌いをせず」に頂いたお話は基本的に全て受ける
⇒ 「人生はご縁/握手で成り立っている」という考えを基に,機会を大切にします。

⑤「出来るか出来ないか」ではなく「やるかやらないか」という判断軸
⇒ 「何事もやってみないと分からない」という考えを基に,何事にも自発的に取り組みます。

今後,目標/ミッションを思いつく度にこの記事を随時更新します。